レイキ

レイキヒーリング

遠い記憶にお母さんの手に触れられて、安心したり、痛みが和らいだり、眠くなったりしたことはありませんか?その様に元々誰にでも備わっている癒しのエネルギーについての学びがレイキなのです。発祥は日本江戸時代の末期に岐阜で生をうけた臼井甕男(うすいみかお)が、京都の鞍馬山にて21日の断食修行の後に確立した療法で、その後日本では衰退方向へと進みましたが、ハワイを経由してアメリカのベトナム帰還兵のPTSDをレイキ療法によって正常な生活をおくれる様にした実績から世界中に広まり日本へは逆輸入という形が多く見られます。

私はセラピストになりたての頃、とてもストレスの多いクライアントを施術させていただいた時に、「久しぶりにぐっすり眠れた、朝はスッキリ起きて身体が軽く動けた」と嬉しい報告を頂いたのですが、どうしてか私の身体が重くて、重くて、その人のストレスを受け取ったのかも?と疑問に思う事がありました。セラピストの友人に相談をすると「人の身体に触れる仕事をしていると、クライアントと施術者のエネルギー交換が起こるのはよく聞く話だよ」「エネルギーワークを勉強したほうがいい」とレイキを紹介してもらったのがきっかけで学び始めました。レイキを学ぶとトリートメントの質も上がると言われており、確かに今の私の手はクライアントに触れるとほんのりと温かくなって、触れているだけで気持ちがいいと言われる様になりました。
レイキを不思議に思われる方も多いと思います。(私もそうでした‥)
手を触れるだけですが、心が安らぎ体もゆるみます。お気軽にご体験してみて下さい。

 

レイキヒーリング(手当療法)    30分 3,000円

 

レイキレベル1・レベル2・レベル3の勉強会も行っています。
詳細はご連絡下さい。